日本緑化工学会発表実績

 緑化工学会には、前身の日本緑化工研究会時代から入っていました。仕事では様々な土木空間の緑化や法面緑化、植生復元などの比率が高く、林学でも造園学でも対応できない分野のため、学際的な活動をしていたこの研究会から情報を得ていました。  主体が植生工などの施工会社だったということもあり、現場への対応という点ではとても役立ったと思っています。何度か発表も行っていますが、最近ではこのような仕事から少し遠ざかってきているため、退会しようか思案中でもあります。

2010(平成22年)  日本緑化工学会誌技術報告 Vol.36 No.1

論文題目
都市公園での刈り取り管理によるスズラン個体群の回復
著者名
成田 瑞樹 北海道大学大学院農学院
近藤 哲也 北海道大学大学院農学研究院
 中村 まい 北海道大学農学部
 笠 康三郎 有限会社緑花計画

2001(平成13年) 日本緑化工学会誌技術報告

論文題目
郷土種の侵入促進を図った法面樹林化手法について
−無種子厚層基材吹付工施工5年後の植生評価−
著者名
福間 博史 日本データーサービス(株)緑地計画室
笠 康三郎 日本データーサービス(株)緑地計画室
 多田 和樹 日本データーサービス(株)緑地計画室

1999(平成11年) 日本緑化工学会研究発表会

論文題目
大雪山国立公園内の道路改良にともなう既存植生の移植について
著者名
笠 康三郎 日本データーサービス(株)緑地計画室
浜田 崇、遠藤 和雄 帯広畜産大学大学院

1997(平成9年) 日本緑化工学会研究発表会

論文題目
無種子吹付による自然公園内の旧道法面での植生復元の試み
著者名
福間 博史 日本データーサービス(株)緑地計画室
笠 康三郎 日本データーサービス(株)緑地計画室

先頭に戻るページの先頭にもどる